≫  ちょうど同じことを聞いたばかり。「カスタマーが本当に必要としているのか、最適化を何故行うのかを、しっかりと議論することが大切」。