≫  まっちー好きやで。「純粋な芸術としてのフィギュアスケートをスケート人生の目標の一つとして掲げているんです。僕自身もいつかは、誰かにインスピレーションを与えられる存在になりたいです」。