«  越境、花盛り。「台湾に関しては、日本に対する親和性の高さもあり、日本の作品が受け入れられやすいことがまず1つの判断としてあったようだ」。