«  やはり広大なAmazonの流域面積。「APIが公開されているほか、SDKも提供されており、AndroidやiOS向けに提供されている多様な対応アプリから利用することも可能」。
    

■ あわせて良く見られている記事