«  なるほど。「豪華な西陣織の帯地を玄関マットにする人もいれば、友禅をタペストリーとして部屋に掲げる人もいる。それに眉をひそめることなく、想定の斜め上を行く使い方を喜ぶ」。
    

■ あわせて良く見られている記事