«  さて、どこまで浸透しますか。「営業日数の上限は年間180日、また衛生確保措置や騒音防止のための説明、苦情対応、宿泊者名簿の作成・備付けなどが義務づけられている」。
    

■ あわせて良く見られている記事