«  ああ、これは大切なところの言語化。「注意を散らすものを減らし、どうすればユーザーが目の前の作業に自然に集中できるのか検討する必要があるのです」。