«  やれやれ、秋の風物詩か。それもいつものことだ。「普段書店の端に追いやられてるハヤカワ文庫が日の目をみるのか」。