«  かなり期待しております。「超音波を利用して内臓を調べるという技術を腸にも適用することで、これまでの排尿予知に加えて排便予知サービスも実現可能だ」。