«  やるぜやるぜって言ってたヤツ。「日本語、韓国語、中国語は、引き続き140文字を上限にする。英語などと比べると言語の『密度』が違い、同じ文字数でも伝えられる情報量に差が出るため」。