«  これはなるほど。『はいからさんが通る』のバックグラウンド。「だからこそ『いのち短し恋せよ乙女』というあの詩が流行るんです」。