«  これは納得。「表示速度は純粋にコンテンツが表示されるまでの時間、体感速度は実際にプロダクトを触って感じられた時間の長さ」「サクサク動く!と感じられるサービスは2つの要素が満たされていることが多い」。