«  フィンランドはもっと評価されるべき。「北回りルートは、不時着に適した場所が少なく、最寄りの陸地は近づくと撃墜されるという無理ゲーだったので、給油するのが常識でした。1983年、フィンエアーはそこを無着陸で飛んでみせたのです」。