«  勉強になります。「プロダクトをデザインするのと同じことです。エンドユーザーの体験を考慮し、決定によって生じる結果を考えてください。そして、何度も進化し、反復する備えをしましょう」。