«  これはなるほど。「評論ではなくて、つかった人の『これ良かった!』という感動体験がみたいと」。