«  この辺はおさえておかねばなるまい。ありがたいまとめ。「一貫性を優先する、わかりやすいインタラクションをデザインする、深い階層構造は避ける、レスポンシブに対応する」。