«  お疲れさまでした。「音楽性の違いによる脱退的なあれのそれを感じる」「フライデーのあれは結局どこまでが真実だったのかね」。