• Category Archives: 金沢 / 石川

鷹を飛ばして鳩を追い払っているという金沢駅で鷹匠に遭遇→その効果が凄いと話題になり他所でも普及してほしいとの声続出 – Togetter

«  これはすごい。「超絶かっこいい」「フン害で迷惑してる人達にも拡散したい」「大阪にも同じお仕事をしている鷹匠さんと鷹がいるそうです」。
    

加賀市、「日本初のブロックチェーン都市」目指しIT企業と連携 – ITmedia

«  加賀市、かっこいい。「地域活性化の研究開発などを手掛けるラボを加賀市内に建設。ブロックチェーン、AI、IoTといった分野の研究開発に取り組むほか、IT人材育成・雇用の創出を図る」。
    

肉じゃがに使うのは「牛」か「豚」か、石川県民の答えは…? – Jタウンネット

«  牛なんて使ったことない元・石川県民…。「金沢市内の精肉店では、やはり牛肉を使う方が多いとか。その方の話では『肉じゃがは、海軍のビーフシチューをまねた料理」なので牛肉を使うのだと』」。
    

夜の甘い誘惑!ナイトスイーツを金沢で~おすすめの8店|食べログまとめ

«  オサレなお店が増えたんやなぁ、と。感慨深い。「テイクアウトできる金箔ソフトも、人気です。金箔と銀箔を貼り付けている、金沢らしいソフトクリームで、旅行のお土産話にも最高なんだとか」。
    

『花咲くいろは』の福屋のモデル・秀峰閣が閉館へ…惜しむ声や厳しい事情など – Togetter

«  これは寂しい…。「去年のぼんぼり祭りが最後になってしまうとは…」「秀峰閣、事業承継と従業員確保の先行き懸念で閉館って…まんま喜翠荘の閉館と同じですやん」「思い出をありがとう」。
    

北陸新幹線、雪に強い、強すぎる!在来線と何が違うのか | 乗りものニュース

«  これはすごい。開業前の緻密な雪対策がこうやって活きてくるんやねぇ。「在来線が軒並み運休となるなかで高速運転を続けていることから、インターネット上では『北陸新幹線最強説』もささやかれています」。
    

埼玉県『十万石まんじゅうを金沢へのお土産に持って行ったら「うちは百万石ですけどね」と鼻で笑われた』→全国の石高による戦争が始まる – Togetter

«  ネガ金沢、きてしまった…。「広島は三原市に三万石せんべいというものがありまして…石川の親戚に渡したら同様の反応が」。
    

北陸三県の美味しいが全て詰まった「北陸グルメフェア」開催中! | NOMOOO

«  立川までのルートをいそいそと検索するなど。2月いっぱいとのこと。「日本海の寒鰤や甘エビなどの海の幸、地元の加賀野菜や郷土料理を、北陸の地酒と味わうことのできる贅沢なイベント」。
    

ドミノピザ「すまん!北陸だけ安くするわ!」:キニ速

«  真の北陸民は吹雪いてても行く。チャリで。まあ若かりし頃やけどね…。とりにいったわ…。「配達だるいから取りに来いってことやろ」「雪降るしな」「お持ち帰りって書いてあるしつまりそういうことやろ」。
    

「金沢に嫉妬の炎」新幹線の全便停車訴える加賀 : 読売新聞

«  これは面白い試み。レディー加賀の流れということで。「『金沢に全部持っていかれて悔しくないのか』と叫ぶ停太郎と共に、『金沢なんかに負けないぞ』『調子に乗るな金沢』などと、全員で気勢を上げる場面も」。
    

【!?】かつて富山と福井は「石川県」だった!嗚呼ややこしや、北陸の歴史 : 登山ちゃんねる

«  石川県、やるげんぞ。すごいげんぞ。「1880年の石川県の人口は183万4000人。当時の東京府の人口が108万4000人であったから、それよりはるかに多いことになる」。
    

柚餅子テイスティングイベント「酒と料理と丸柚餅子」が石川県・金沢で開催 | NOMOOO

«  ゆべし、もっとメジャーになってほしい。「丸柚餅子は、柚子を丸ごと使った伝統食であり高級和菓子。また、ニューヨークなど海外有名レストランでも料理に使用されているそうです」。
    

幻想的な光景を堪能! 石川県でライトアップイベント『金沢城・兼六園 四季物語 秋の段』開催:るるぶ

«  やっぱきれいやな。「2017年11月17日から12月9日にかけて、石川県でライトアップイベント『金沢城・兼六園 四季物語 秋の段』が開催」。
    

石川県のご当地和牛ブランド「能登牛」脂肪の質で表彰されたおいしさの秘密 – Jタウンネット

«  DASHでも取り上げられてたし。がんばってください。「昨年は出荷が930頭でした。まだ少なく、流通はほぼ県内のみにとどまっていますが、1000頭を目標」。
    

金沢・湯涌温泉に開湯1300年記念の特産品「氷室氷菓」地元産のユズ使う – 金沢経済新聞

«  そういや、チャリで湯涌ま行って氷室見学したよなぁ…。「湯涌では、冬の間に降った雪を氷室に貯蔵し、夏に将軍家に献上する習わしが受け継がれている」。
    

金沢港で「金沢ベイフェス」護衛艦とクルーズ船を眺望しながら祭り楽しむ – 金沢経済新聞

«  ああ、行きたい…。「大浜埠頭に護衛艦『かが』が停泊しており、18時すぎにはクルーズ船の出航を見送りつつ、背景に護衛艦を同時に眺望できる貴重な機会になる」。
    

金沢・にし茶屋街に「金沢のピクルス」直営店 季節限定商品含め20種類以上 – 金沢経済新聞

«  いいぞもっとやってください。「形や大きさがそろわないと廃棄されてしまう規格外野菜を長期保存可能な形にして有効利用した商品。保存料や添加物を一切使わず」。
    

『おどろきの金沢 』伝統工芸と現代アートの狭間で – HONZ

«  金沢21世紀美術館について。知らんかったなぁ。「市が建てるなら、買い物帰りの奥さんと子供達が立ち寄って遊ぶような感覚で美術に触れられるくらい庶民的な美術館が良い。だから現代美術館でないと」。
    

【現地取材】石川県金沢市の激ヤバいお茶漬け屋 / 店員が「ヤッホー」しか喋らない謎すぎる展開|Yomerumo

«  いいがいね。「シャケ、わかめ、昆布、梅干しなどの具が盛られた皿から好きなものをご飯の上に盛り付け、自らダシをかけて食べるというスタイルだ」。
    

お兄ちゃん金沢を、誇りに思っています。弟富山は、今日も元気です – 自然はともだち

«  富山もいいがやちゃ。「格の違いというか、文化の違い、古都と言われる品の良さを、確かに金沢は持っています」「人でも、土地でも、それぞれの役割があって、みんなそのままでいいんですよね」。
    

「日本人はフグの毒のある卵巣を無理やり無毒化して食べる技術を編み出した。アニキサス程度に屈するのは名折れ」というパワーワード – Togetterまとめ

«  よし、石川県民は誇れる。「無毒化される原理は今も不明との事で。食い意地が科学を超える」。
    

金沢に植物性食材だけで作る洋菓子店「コンコント菓子店」カフェ併設 – 金沢経済新聞

«  このモンブランは食べたくなるぞいね。横川交差点近くとか。「食物アレルギーを持っていて『初めてショーケースの中からケーキを選べた』と感動される方もいた」。
    

兼六園前に伝統芸能を体感する施設 演舞鑑賞や時代衣装撮影・体験プログラムも – 金沢経済新聞

«  これはちょっと興味あるなぁ。「欧米ではパフォーマンスの質により観客が価値を決めることもあり、金沢の伝統芸能にも試したい」。
    

2017年GWは北陸に注目!ハズせないグルメ・観光おすすめスポット【石川】 | エンタメウィーク

«  白米千枚田はキレイなのに加え、よくぞここまでっていう感動があった。「ガラス作品が点在するフォトジェニックな庭園、とれピチ鮮魚がたっぷりのご当地グルメ丼など、気になる情報が目白押し」。
    

金沢の青果店がレトルトカレー発売 出荷少ない冬季に新たな販売方法を – 金沢経済新聞

«  いいがんねぇけ、これ。「加熱調理した野菜にかけて、野菜自体の味を楽しんでもらおうと開発した。電子レンジで加熱しただけの玉ねぎや金時芋に特に合う」。