g-sword
  • Category Archives: 雑学

火山まるごと、冷やしちゃいます。イエローストーン大噴火から地球を守るためにNASAが立案する野心的計画 : カラパイア

«  地球のラスボス、イエローストーン対策…、なのだが…。「だが掘削には多少のリスクもある。それが噴火の引き金になる可能性だ」、おい。
    

「食虫植物は植物界のシンデレラ」健気な生態にマツコさんも大興奮 #マツコの知らない世界 – Togetterまとめ

«  録画を観るのがが楽しみです。「ハエトリソウくんはカツオ節とベビースターは食べる」「ウツボカズラの消化液が飲める」。
    

【虫注意】世界のカブトムシとクワガタムシの強さ格付けランキング:キニ速

«  昔はそこそこ覚えてたんやがなぁ…。「ヘラクレスオオカブトとかいう名前も見た目も実力も最強の反則野郎」「昆虫ガチ勢有能やわ」「少年の心を忘れないのは大切なことやで」。
    

初めてポルノを見るタイミングで男性は「プレイボーイ」にも「女性嫌い」にもなるという研究結果 – GIGAZINE

«  そんなん稲中でとっくの昔に言及されとるで。「より幼い時期に初めてポルノを見たという男性は女性嫌いの傾向が強い」。
    

虫さされのかゆみにはフェミニーナ軟膏が効くかも?というお話「どうやって買うかが問題」「いいこと聞いた」 – Togetterまとめ

«  そこで通販の出番ですよ。「成分見たらそのまんま同じやね」「刺激臭とかもない」「元々かゆみ止めみたいなもんだから」。
    

ロシア語のここがすごい!に対し『ロシア語のここがダメ』が本当にダメ感がある「ペンの試し書きに見える」「狂気やん…」 – Togetterまとめ

«  本日のおそロシアである。「画像が狂気やん…」「わ、わかんねー!」「ロシア人読めるの?これ?」
    

JRが舞浜駅を『ディズニーランド前駅』と名乗らない理由に思わずなるほどと言ってしまう…『ブランドイメージ』の話 – Togetterまとめ

«  これはなるほどなるほど。糸井重里先生「おれには気づけなかった。まことに、なるほどなのに」。
    

【雑学】カマキリのメスさん、交尾中にオスを食べてしまうのは事故だった – よくみれば雑食

«  まあ「事故」ではないと思うけど。「奮闘の末、残念ながらメスの怪力に負けて食べられて『グエー死んだンゴ』となるのはオスカマキリのおよそ25%ほどなんですって」。
    

【海外の反応】海外「日本語ヤバすぎだろ…」 日本語の異常な難易度が分かる文章に外国人が衝撃|パンドラの憂鬱

«  記事中の『生』の例で唸った。「一番読み方が多い漢字は『生』で一説には150ほどあるとか。『生』の対極にある『死』は1つのみというのがまた面白い」。
    

【イラストあり】かんたん!婚姻色で見分ける3種のウグイの見分け方! – みぃ?太郎のウグイング生活

«  ウグイ釣り楽しかったなぁと思いだして。「ウグイは大まかに分けて4種類。しかし、その内の3種類のウグイが、色や形が酷使していて見分けるのが難しいのです」。
    

大気圏突入した宇宙船が高温になるのは摩擦ではない!JAXAの解答に「摩擦だと信じてたのに」「あれと同じ原理」との声多数 – Togetterまとめ

«  うわあああ!まじかよおおお!「SF勘違いあるあるですね」「だいたい逆シャアのせい」。
    

四畳半の和室の畳の敷き方、間違えるとけっこう怖い「知らなかった」「確かにめったに見ない」 – Togetterまとめ

«  NGってのは知ってたが、そういう由来やったんか。「四畳半神話大系の部屋もこの敷き方だったな」「向きによる」「逆回転はオーケー」。
    

「日本の硬貨は五円玉だけ漢数字」のツイートに反響が多数!「言われてみれば確かに」「五円玉のデザインけっこう好き」 – Togetterまとめ

«  気付かんかった…。「五円玉って良いデザインだなぁ。農業を意味する稲穂と工業を意味する歯車が描かれていて」。
    

ティラノサウルスはなぜ「うろこ肌」だったのか | ナショナルジオグラフィック

«  結論はまだ先のようですが。「ゾウなど、現代の大型陸生哺乳類を思い浮かべてみてください。全く体毛がないわけではありませんが、その量はとても少ないはずです」。
    

歴史上の人物が改名をしたいくつかの理由 – 歴ログ

«  ジェロニモさん、まじか…。「歴史上の偉人たちはどういう時に名前を変えていったのか」「ジェロニモという名はいかにもインディアンっぽく聞こえますが、これは彼の数あるアダ名の一つで、本名はゴヤスレイ」。
    

ほとんどの時代で、大きなおっぱいが魅力的とされてきたのは事実、ではない | 鏡裕之 | note

«  すごく真面目な話。巨乳文化史概論。「日本でも、巨乳の価値は決して高くなかった。『万葉集』の中で、おれの彼女はぼんきゅぼんという歌が見えるが、それ以降、ぼくは巨乳を賞揚する歌を見つけられていない」。
    

【悲報】エベレスト頂上近くの難所「ヒラリーステップ」が崩壊…登頂が更に危険に : 登山ちゃんねる

«  今後に注目。「難所がゆえに登山家で渋滞しちゃうからなぁ」「避難場所がなくなると順番待ちができなくなるな」「トランプに負けたのか…」。