SUBWAYが苦戦しているのは絶対的な美味さを誇る「あのメニュー」が日本には無いからだ - Togetter
«  これは食べたい。「ミートボールのないサブウェイには何の魅力も感じない」「1度目の時はあった。再上陸した時に無くなった」「わたし待つわ…いつまでも待つわ…」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています