「響17年」と「白州12年」の代わりにおすすめするウイスキー4選 | ライフハッカー
«  そうね。舌を広められるチャンスと思えば。「紹介したものを試してみる価値は十分にあります。そして『響』が戻ってきたあかつきには、また新たな発見があるはずです」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています