青森県「ねぶた祭」頼みの観光PRをやめた理由 | 東洋経済オンライン
«  深い。「点としての体験ではなく点がつながる線としての体験コンテンツが必要。満足度や充実度というのは喉から手が出るほど体験したいことをやることで得られるので、思い付きの体験型観光では見破られてしまう」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています