CSSの便利な疑似セレクタ「:empty」と「:blank」、その違いと賢い使い方 | コリス
«  勉強になります。「エラーメッセージを実装する際、エラーがある時とエラーがない時の区別は『:empty』や『:blank』を使用すると非常に簡単にスタイルを定義することができます」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています