eBayが重視するAPAC市場と越境EC!Qoo10.jp買収など気になる今後の展開とは?|ECのミカタ
«  さてどうなりますか。「Qoo10を中心として、日本の消費者の皆さま、そしてセラーの方々の利益を伸ばすため、日本国内でのプレゼンスを構築していくことを楽しみにしています」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています