大食漢の作家が名づけた、噂の「開高丼」を食べてみた | Forbes
«  これは食べたい。「作家の開高健にちなんだ、この季節にだけ供される海の宝石箱のような丼物」「これほど繊細、精巧をきわめた、めざましく襞細やかな作品が、あの暗鬱な、荒い海のなかでうまれるのである」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています