画像解析で降雪量や路面状態を自動判別、Specteeが日本気象協会と共同開発へ | TechCrunch
«  良いと思います。「これまで、降雪量や路面状態を判断するためには、人の目で確認するか、高額な計測機器が必要だった。大幅なコストダウンやリアルタイム性の向上が期待できる」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています