いらすとやの絵が苦手な人にとってはどこに行っても「ヤツ」が現れるのは悪夢じみているっぽい - Togetter
«  これは大変…。「どこに行ってもアイツがいるんだ」「そろそろ『イラストヤフォビア』的な症状名が付けられてもおかしくない」「申し訳ないけどおもしろい」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています