スクリーントーン「Jトーン」事業者が破産「アナログ漫画家に厳しい時代」 - ITmedia
«  これは悲報…。「漫画制作がデジタル化するにつれ、トーン商材の流通量が低下。近年は自社通販サイトでペン先や原稿用紙も扱っていたが、厳しい経営が続き資金繰りが行き詰まった」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています