究極の「たまごサンド」に出会って、僕にとっての『おいしい味』と『コスパ』は何かを考えてみた | マネ会
«  愛が伝わってきたので。「僕にとって、たまごサンドは『街にあふれる芸術』です。その芸術を提供してくれる場所、つまり喫茶店やパン屋は美術館と言えます」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています