契約書の「甲」と「乙」を「僕」と「君」に変換したら、読みやすくなって村上春樹さんっぽくなってしまう - Togetter
«  この発想はなかった…。「眠れない夜にぴったりの眠れる小説に」「情緒あふれる契約書になっている。瑕疵担保責任あたりも読んでみたい」「契約結びたくなる」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています