Siriの録音が定期的に契約企業に送られて分析されていた | TechCrunch
«  本日の知ってた案件。「録音からAppleのIDはわからないそうだが、個人的な内容が含まれていることもあり、バレてしまうこともある。たとえば位置情報やアプリのデータ、知人の詳細情報などだ」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています