CSSの否定疑似クラス「:not()」で、複数のclassを指定する場合の使い方 | コリス
«  便利そうなのでメモ。「:not()セレクタは非常に便利です」「:not()セレクタは通常一つのclassしか指定できませんが、複数のclassを指定する場合の使い方を紹介します」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています