ついにここまで…『タピオカ漬け丼』爆誕、富士そばでタピ活のワケ「なんとなく漬けたくなった」 | ORICON
«  なんとなく、大事。「メニュー開発で何よりも大切にしているのは、インパクト重視であること。話題性を狙ってはおりますが、ここまでバズるとは正直予想外でした」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています