写真から粗大ごみの種類を判別するAI 横浜市が導入 - ITmedia
«  横浜きてた。「画像認識AI用のAPIは、オークネットの中古車データを用いて開発した車両画像認識システムの技術を応用。全国の自治体で収集された粗大ごみの種類を分析し、汎用性のあるマスタデータを作成」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています