ユーザーファーストであり続けるために開発チームオンボーディング資料を作ってみた|坪田 朋
«  ボールを持ったら観客すべてが自分を見てると思え、ね。「時に個人プレーでいける所までいくのも大事。チームプレーと個人プレーの使い分けを意識しよう。元ネタ:『シュート!』3巻の久保さん」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています