仮説上の存在だった「涙のしずく型」のニュータイプ星がついに発見される | ナゾロジー
«  宇宙って本当にすごい。「仮説上の存在だった新しい恒星が1500光年先に発見される。近距離にある伴星の重力により涙型に変形しており、さらにその部分だけに光の脈動が見られる」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています