Googleショッピングが送料情報の構造化データをサポート開始 | 海外SEO情報ブログ
«  仕込んでおいた方が良さそうなヤツ。「Merchant Centerに登録すれば済む話ではありますが、構造化データでも送料の情報を今から登録しておくもの悪くないはずです」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています