スマートフォンでマンガを読む時代における「見開き」の表現について:『怪獣8号』の事例 - マンガLOG収蔵庫
«  良い言語化。「スマホで読まれる=基本的には縦長の画面で1ページずつ読み進められるという制約故に、読む際に行ったり来たりする必要がないよう計算を重ねた画面構成」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています