「目の前にある日常が紡ぐ幸福。」よつばと!の15巻が新聞広告に掲載されていたけど何故か胡散臭さを感じてしまう - Togetter
«  少し切ない。「以前はサンヤツって呼ばれて本の広告としては特等席の扱いだった場所なのに今は『胡散臭い本』扱いになるのか。時代の流れを感じる」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています