note、DM機能を搭載へ 個別に報酬を支払える仕組みも - ITmedia
«  トレンドはチャリンチャリン。「一般ユーザーとクリエイターの交流や、企業からクリエイターへの仕事の依頼といった用途を見込む。深津貴之CXOは『今後1~2年で提供したい』としている」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています