ソフトバンク、決算は好調も携帯値下げは約700億円の悪影響 宮川社長「マイナスは他で打ち消す」 - ITmedia
«  厳しい。「2022年3月期以降の展開については『料金が減った分は契約数でカバーしていく。損失分は契約数の積み上げでカバーできる範囲内と考えている』としている」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています