「すでにそこにはベルセルクはありました」森川ジョージ先生が語る、学生時代アシスタントに来た三浦建太郎先生との思い出話 - Togetter
«  ただただ悲しい。合掌。「泣いた」「昨日からまるで冷静になることができなかった」「この鷹村は使徒をノックアウトできる」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています