芥川龍之介の小説でお馴染みの「芋粥」がお芋入りのお粥ではないと知って驚きの声「想像してたのと全然違った」 - Togetter
«  食べたい。「平安時代のコース料理でも最後の方に登場するデザートです。結論を言えば大変美味しいものです。ヤマイモのヌルヌルがプルンとした食感になります」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています