特許庁、商標審査のための技術を公募する機械学習コンペティションを11月26日から実施 | TechCrunch
«  面白い試み。「具体的には、類似する図形商標のデータを学習し、大量に存在する図形商標から類似画像を予測するモデルを開発するというもの。審査では、その精度が問われる」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています