ついに「小惑星リュウグウ」のサンプルを詳細分析した論文が発表される - ナゾロジー
«  はやぶさ2はようやっとる。「はやぶさ2は、回収サンプル量0.1gという目標に対して5.4gものサンプルを持ち帰った」「これは太陽系の起源と進化を研究するための、現在唯一の収集物です」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています