知っておくと便利なCSSのセレクタ! :has()疑似クラスを使用すると、子の数に基づいて親要素のスタイルを定義できる | コリス
«  どこかで試す。「指定した要素がある場合にのみスタイルを適用。その機能を利用して、子の数に基づいて親要素のスタイルを定義することができます」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています