540万件のTwitter漏えいデータが公開される 1700万件以上の新たな流出の可能性も - ITmedia
«  怖い。「問題の脆弱性は、22年1月にTwitter社が実施したバグ報奨金プログラムで発見。21年6月のシステム更新で発生したもので、修正するまでに悪用された証拠はないとしていた」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています