⇒  メモ。「正しい道筋から離れず、アイデアが高評価を得られるようにもっていく方法」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています