«  がんばってほしいです。「現在流通しているドイツ社製(約150万円)の3分の1の50万円以下を目指す。筋電義手は高価なことが、国内普及のネックになっている」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています