«  ときに切なくなりますよね。「プランニングやデザイン作成、レビューなどデザインプロセスの過程で、以下の質問を自身に投げかけてみましょう」。
    

■ この記事を見た人はこんな記事も見ています